友人の結婚式で受付を頼まれた!何をするの?

受付って何をすればいいの?

結婚が決まった友人から、「受付お願いしてもいい?」とお願いされた経験のある人多いですよね。何度か結婚式に参加していれば受付ってこういう感じなんだ、というのが何となくわかるけど初めてやあまり行ったことのない人にしたら、何をすればいいのか、私で大丈夫なのか、と不安になってしまいますよね。受付は、ご祝儀を預かったり、記帳して貰ったりするのが大きな仕事ですが、新郎新婦の代わりに来てくださったゲストの方をお迎えする、両家の顔という大事な役目を担っているのです。

気を付けなくてはいけないこと

受付を任されたからといって、事前に準備をしないといけない、とかそういうことはないので大丈夫です。ただ、ゲストの方がくる時間と一緒の時間に式場に来ていては受付に誰もいないのでいけませんね。大体、受付の始まる30分くらい前に式場に来るようにしましょう。ある程度時間に余裕を持ってからくると、心の準備も出来ますね。遅刻はもっての他です!両家の代表である、という自覚をもって来て下さった方に笑顔で対応しましょう。

まさか、犯罪に巻き込まれる場合も

聞いたことがある人もいるかもしれませんが、ご祝儀泥棒がいるということです。まさか、こんなお祝いのめでたい席に泥棒がいるなんて信じられない、という人が多いですが実際に何度もあることなのです。ご祝儀は、集まれば集まるほど大金です。受付は、ゲストの方から預かったご祝儀は新郎新婦に手渡すまでが仕事です。式場のスタッフや身内になりすまして、「お手伝いしますよ」と声をかけてきてその隙に泥棒する、という手口です。知らない人から言われたら、断りましょう。断る際も、「結構です」というとそっけなくなるので丁重にお断りするのが大人のマナーともいえますね。自分の仕事は最後まで責任を持ちましょう。

結婚式の演出や雰囲気などにこだわりたい方は、ぜひ神戸北野の結婚式場で挙式を行ないましょう。素敵な演出にてウエディングができます。