やってしまった!そうならない為に結婚式に参列する場合のマナーとは

ご祝儀はいくら包めばいいの?

一生に何度かは経験する結婚式、でもご祝儀って一体いくら包めばいいのだろうと疑問に思う人もいますよね。大体の相場ですが友人や同僚だと3万円、部下の場合3万円~5万円、兄弟姉妹であれば5万円~10万円です。兄弟姉妹の場合はもし自分が先に結婚しており、配偶者も出席する場合は5万円プラスするといいですよ。また最近では友人であっても学生だったり収入が少なかったりした場合は、2万円をご祝儀として包む場合もあります。ただ結婚式のご祝儀に割り切れる数字はあまり良くないとされているので、1万円札1枚と5千円札2枚といった様に、割り切れないようにして渡すようにしてくださいね。

参列する服装はどうすればいいの?

結婚式に参列することになったけれど、何を着て行けばいいの?と悩んでしまう人もいますよね。結婚式の服装ですが、男性は黒のスーツと白のネクタイというスタイルが一般的です。女性の場合は着物であれば独身者は振袖を、既婚者は留袖を着ます。ドレスの場合は全身白や黒はタブーとされています。その理由は白は花嫁のウエディングドレスと被るから、黒はお葬式をイメージさせてしまい縁起が悪いからです。また極端に露出の激しい服や極端に丈の短い服も避け、黒のタイツや生足もダメなので、かならずストッキング等を履いてくださいね。

結婚式当日は何を持っていけばいいの?

結婚式に参列する場合、これを持っていけばよかったなんて言う経験はありませんか。結婚式で必ず持っていかなければならない物は、まずはご祝儀、招待状、財布などです。ご祝儀を持っていかなければならないのは言うまでもありませんが、招待状も忘れずに持って行ってくださいね。招待状には式の時間や式場の場所など、あらゆる情報が含まれています。万が一迷った場合などの連絡も、招待状があればスムーズに行えますよね。次にハンカチやカメラやビデオ、女性の場合はメイク道具や予備のストッキングも持っていくといいですよ。ストッキングは万が一伝線した場合に、メイク道具はもらい泣きなどでメイクが崩れてしまった場合に必要になりますよね。また涙もろい人はハンカチを多めに持っていくことをお勧めします。

白金の結婚式場で挙式を希望しているなら、ブライダルフェアを積極的に訪れて、ドレスや料理をチェックしましょう。