家族と離れていても無駄なく快適に過ごしたい、単身赴任生活の知恵3選。

高速バスの利用で移動費用削減!

単身赴任生活をしていると出来るだけ家族のもとに帰りたくなりますよね。でも帰省のたびに新幹線や飛行機を利用していては費用がかさんでしまいます。そんな時は高速バスを利用してみてはいかがでしょう。主要ターミナル駅を深夜に出発して、翌朝に目的地に到着するケースが多いため、移動時間は睡眠にあてることができます。新幹線や飛行機の半額とまではいかないまでも、曜日によっては少し安く設定されていることもあるので、上手に有給と組み合わせて高速バスを取り入れれば、浮いたお金を家族とのレジャー費に回せるかもしれませんね。

家族が遊びに来ても寝る場所確保、ロフトベッド。

単身赴任となると、赴任先の部屋はワンルームという人も多いかと思います。狭い部屋だとせっかく家族が遊びに来ても窮屈で過ごしにくいですよね。そんな時は、ロフトベッドがあると便利です。ベッド一つ分のスペースが確保されるので、その分余裕をもって寝ることができます。子供が小さいうちは小さな二階の部屋ができたような感覚で楽しく遊べたりもするので、かわいい笑顔を見る回数も増えることでしょう。棚や机がついているものもあるので、ロフトベッド一台あるだけで他の家具を準備する必要もなくなるかもしれません。

普段のコミュニケーション必須アイテム、テレビ電話。

休みになれば帰省したり、あるいは家族に会いに来てもらったりしたいところですが、いつもいつも可能なわけではありません。普段の生活はバラバラに離れている分、コミュニケーションこそが大切ですよね。そんな時はやはりテレビ電話が活躍します。声だけでなく顔を見て話をすることで、相手の様子も伺うことができ、より近く感じることができます。スマートフォンのアプリでも可能ですが、できればPCやタブレットの大きな画面のほうがより細部まで伝わりやすいのではないでしょうか。朝や夜など、時間を決めて家族のルールにしておけば、つながりもぐっと強まることでしょう。

単身赴任の家具をそろえるには、家具のレンタルサービスを利用して一人分の家具のセットを一括でそろえる方法があります。